お知らせ

ピサダ道 復元完成記念

2018.03.29

西表島 祖納

3月24日、西表島祖納にてピサダ道の復元工事が
完了したことを記念して完成式が催されました。

ピサダ道とは、かつて高台にあった祖納集落から
人々が井戸や水田へ往来するために利用していた大切な道であり、
現在では歴史的な古道として竹富町の文化財に指定されています。
大戦時には、旧日本軍が高台へ大砲を設置するために
石段を平らに敷きならすといった改変が行われました。
そのため、祖納集落の人々の生活と深い関りを持つこのピサダ道を
改変前の状態に復元することが
地元の方々にとって切望されていました。

これまで、弊社はこのピサダ道を往時の姿に戻すべく、
写真測量や復元工事などに携わらせて頂きました。
この度は祝賀会にもご招待頂き、舞台上で披露される舞踊や
完成した道を獅子舞や旗頭が下り降りる姿を拝見しました。
また、祖納公民館から感謝状と記念品(木盤)を頂戴いたしました。

西表島へ訪れた際には復元されたピサダ道を
是非ご覧くださいませ。