測量の事例

ここでは、デジタルカメラを用いた写真測量で作られるオルソ画像と点群データについて紹介します。

オルソ画像

オルソ画像とは、レンズによる歪みや撮影距離の違いによる被写体のズレを補正するなど正射投影された二次元の画像データのことを指します。数十枚から数百枚のデジタル画像を三次元解析することで作り出されます。オルソ画像はデジタルトレースの下図となり、遺構や遺物の実測図が出来上がります。

首里城跡継世門北地区 拝所遺構

大嶺村跡 井戸


*沖縄県立埋蔵文化財センター所蔵データ

点群データ

点群データは対象物を点の集まりで表現した三次元のデータのことです。オルソ画像と同様に三次元解析によって作成され、時には数千枚のデジタル画像を処理して作られる場合もあります。点群データは自由に動かすことができ、対象物の形状や奥行き感などを視覚的に把握することができます。

首里城跡継世門北地区 拝所遺構

大嶺村跡 井戸

*沖縄県立埋蔵文化財センター所蔵データ